すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

砂漠でバギーとキャンプ・その2 

さて、気を取り直してバケーションネタに戻ろう。(ちょっとカリカリしてた。)


チビが初乗りで一番小さい50ccバギーをブイブイ乗り回していたが、御姉ちゃんところの坊主で、チビと半年しか年が違わないチビ2もおばあちゃんが購入した90ccのバギーでRVで作ったコミュニティ円の外をぐるぐる走りまわっている。

小さいバギーではこの円の外を走るしか、大人から許されていないのだ。遠出するほどの年齢でないことと、それをアップ&ダウンの激しい丘陵地を排気量の小さいバギーで乗りこなせるだけの技量がないから。

バギーはいくらがたがたの地面をしっかり走る乗り物だといっても、気をつけてないと曲がり方やアクセルの開け方次第で放り出されてしまうのだ。

chibi
冒険はちゃんと慣れてからよ。



ってなことを考えていたあっし、他の大人たちと薪の周りでほーっとのんびりおしゃべりしていたら、

うああああーーん

どこからか大きな泣き声が聞こえてきた。 どうもチビらしいが、トライアルのコンタクトでよく遠くが見えなかったあっしはどこから聞こえるのか最初わからなかった。 

ふとちょっと離れた公衆トイレのほうに緑のバギーだけが見えたら、他の大人が走り出した。 もちろん、一番にダッシュしたのは同居人だったが、どうやら、ちょっと冒険してトイレの前の少しだけコンクリを張ってあるところを通ったら、そこでバギーにほうりだされたらしい。

バギーのほうがトイレのちょっと先で止まっている。その手前でチビがひざをかかえてわんわん泣いているのだ。


同居人がチビをひっかかえて、RVに戻ってきた。ちょっと大き目の擦り傷ができていて、血がでている。 どうやら、擦り傷と中粒の出血だけで、骨には異常はないらしい。

砂地の上ならまだあのバギーとスピードで怪我もないだろうが、コンクリの上に投げ出されたのがまずかった。

しかし、大丈夫と知って、周りはホッとした。 ここで、甘やかすような同居人や奴の家族じゃない。 あっしだって、子供のころはガキ大将で田舎の田んぼを怪我しながら、力いっぱい遊んだ。

怪我がたいしたことなくてよかった。 でも、これでちょっと気をつけて乗ろうって学んだね。 

そういいながら、あっしもこうやって子供っていろんなことを学び、同時に大人も学ぶんだなと思った。 子供はなにが危険か学ぶには、もっと知識がある大人がそっと見ててあげることで大事に至らずに、小さな怪我で学べるんだから。

chatting
女性は薪の周りでほおーっとする。
すごい砂嵐が見える?


アメリカで信じられない怪我をする人が多いと昔感じたことがあった。それは、あまりにFearless(怖いもん知らず)、Reckless(向こう見ず)のほかに、危機管理ができてないんでないか・・と思ったことがある。

いい大人がこうなったらこうなるかも・・という常識と管理に欠けてるからでないかと思う。 


うちのチビ達が今のところ、何もあまり考えずにブイブイ乗り回しているが、幸いにして、周りの大人がしっかりと危険になりうることを教えて、ちゃんと目と気を配っているので、チビたちは幸せだと思う。

sand dune
小さめだけど、地平線が見える砂丘もきれい。


そんな感じで、安全に乗ることが大切と身体で学んだチビ(?)。 やっぱり、相変わらずチビ同士でお互い近よって走ってしまうが、ちょっとは身にしみたんでないかな。 しかし、今度はちょっと違う危なっかしいことをやってしまったのだ。 でも、これは監視、管理しなくてはならない大人の落ち度でもあったのだが・・。



続きはまた次の記事で・・(ってまた飛ぶ?)


スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

最初が肝心 

バケーションの話しの続きを書きたいんやけども、どうもこっちのほうが気になって仕方がないので、こっちを中休み(ストレス解消ともいふ)に書くぞ。


引っ越してきて一番あっしが気になるのが、隣人のノイズ。 メタルというやかましい音楽が好きな割りに、人やTVなどの生活ノイズはストレスが溜まるので嫌いなあっしである。

引っ越してきて2,3日は良かったが、最初にびっくりしたのが、上の階の住人。 どうやら、小さな子供と小型犬がいるらしい。 ベランダにある子供用の自転車と、引越し日にいきなり、ベランダから吠えられたんですぐにわかった。

マネジャー曰く、シングルマザーと6歳の女の子が住んでいるらしいが、ここからのノイズが2,3日後からどうも気になる。 古いアパートだから、多少の足音は仕方ないとしても、子供かがずーーーーーっとジャンプしているかのように、どすんどすんと夜にすごいんである。

ほんでもって、一番やかましかったのが、8時くらいにあっしが晩御飯を終えて、片付けているころからなんと夜中の11時くらいまで、そのジャンプは断続的に続き、しかも9時ごろから夜中の12時まで、断続的に今度は掃除機の音がするのだ。

同居人は騒音に慣れていて、TVの大音量でもガーガー寝られる奴だ。あっしほどは気になっていない。 しかし、あっしは元来こういう音が気になって仕方ないタイプで、ほんでもって、だんだん腹が立って、考え始めたら止まらなくなると、脳みそがフル回転して、どうにも寝られない。

翌朝、疲れて目覚めて、しっかりとマネジャーに「新しく引っ越してきたのが解ってないかもしれないんで、教えてやってください。」と注意してもらうようにお願いした。

夜中に普通掃除機かけるのかなぁ??(あっしなんか大抵、週末の午前遅くか、午後一番くらいですがね)

次の日は多少おさまった。夜中に掃除機かけちゃう母親だから、子供もしかったりしないのかなぁ。 しかし、6歳といえば、うちのチビと同い年、11時までおきてるの?ってびっくり。 うちのチビなんか8時過ぎには寝ちゃうぞ。


ほんでもって昨日の夕方は、横隣の住人。 ブームステレオみたいなのでぶんぶん音楽を聴いて、アパートビルに響くくらいの大声で話し、笑ってる。 つくづく思うけど、こういう人たちって「恥ずかしい」って思わないのかねぇ。 

いくらメタルバンドのドラマーの同居人も我慢ができなくなったらしく、壁をぶったたいていたが(それはあっしの十八番)、まったく気にする様子もないので、外にでて隣の玄関ドアをノックしていた。

「ちょっと音量さげてくれ!壁通って振動までくる。」

ソォ~リィ~

いかにも、すまさなそうに聞こえない女の声が聞こえてきた。 音量はちょっと下げたが、5分もしないうちに、音量が少しまたあがった。


あっしもロック音楽とか好きだが、音楽が好きなわけで、音を大音量にしては聞かない。 近所迷惑にもなりたくないし、だいたい大きな音で聴いてはしっかりと音楽が聞こえないし、メタルだからといって大音量で聴いて楽しいのはライブと車の中だけ。 

そんでもって、今日同居人が出かけた後にまた、隣人が数人(いったい何人で住んでるの?)で、またでかい声でポーチで話をして、バンバンドアを開けたり閉めたり、そして、あのぶんぶん音。

もう、あっしの十八番が出ましたよ。 壁ばんばんたたくけど、一向に聞く様子もないので、携帯電話からマネジャーへ留守電を残した。

「こんどは横隣りなんすけど、静かにしてといっても聴いてもらえないから、そちらから言ってもらえます?」


しかし、こういう文句を言うときにいつも一瞬立ち止まって考えてしまうあっし。 だんだん腹が立つと、感覚が麻痺してきて、あっしって小うるさすぎ? これってよそと比べたらましなほう? ちょっとあっしも寛容になるべき?と自問自答しはじめてしまう。


でも、なんでも最初が肝心っていうでないか。 あっしは細かい文句言いの女王だと隣人に知らしめておいたほうが、あとあといいだろう。 あんまりひどいと、 「警察呼ぶわよっ。」くらいの迫力を見せ付けておいたほうがいい。

過去に住んだアパートで文句言わなかったことははっきり言って無い

うるさいということに寛容さはないあっしだが、こんなあっしは今まですべての大家に、アパートをでるときに「あなたが住人でよかった。」といわれるくらいだから、うるさいと文句言うのは別にマネジャーや大家の住人を判断する材料でないのだ。

それよりも、部屋をきれいに使い、家賃を遅れず払うことがポイントなんだろう。


ということで、しばらくマネジャーがうんざりするくらい文句言うかもしれんけど、うるさいほうが悪いんだからね。




テーマ: アメリカ合衆国

ジャンル: 海外情報

△page top

砂漠でバギーとキャンプ・その1 

引越しの片付けにずいぶんとかかってしまい、バケーションに行ってからえらい経ってしまったんで、どこまで思い出せるかわからんが、ちまちま写真だけでもアップしよう。 


4月11日 火曜日
同居人のママのジープを借りに行く。あっしのシビックや同居人の2輪駆動トラックでは砂漠はやってけないので、去年もママの四輪駆動のミニジープをお借りしたのだ。 翌日水曜日には、同居人の両親が一足先に出かけてしまうんで、前日に借りに行ったわけだ。

4月12日 水曜日
仕事帰りにチビを母親のところへ迎えにいく。今回のあっしだけでなく、みんなの心配は、ママズボーイ(お母さんっ子)のチビが今回ほぼ初めて母親なしで遠出するのに、途中でべそべそしないか・・ということであった。 毎日ほぼ一緒にいる母親が手かけ足掛けしがちな男の子だからか、一日のうちで、そういうことが過去に多々あったわけで、遠くに行ってそれをやられてしまっては、こっちは困るわけだ。 いくら6歳にしてもそろそろ乳離れはしてほしいもんだがなぁ。

そんな周りの心配をよそに、本人はおじいちゃん、おばあちゃんちでみた4輪バギーとギア(プロテクターとか)を見て、もうかなりうきうきしている。 おしゃべりが止まらない。(それでなくても、しゃべりなのに。)

4月13日 木曜日
遠足行くときって、学校や仕事行くときと違って、早起きしてしまうのはなんでだろう。 6時45分くらいにみんな目が覚めた。

お昼のサンドイッチと朝ごはん代わりのゆで卵をさっさと作り、クーラーにつめる。 支度をして、8時過ぎには家を出発、ジュースとお菓子、塗れティッシュなどを買いに、スーパーへ寄る。 中部ワシントン州のモーゼス・レイクへ向けて・・。


ワシントン州というのは、おもしろい州で、アメリカ北西部を縦にずーっと走っているカスケード山脈を越えるまでは、背の高い針葉樹や低めの広葉樹が生い茂った緑あふれる街なのに、峠を越えるとどんどんさばく地帯になっていく。 

峠は標高も高く、4月の末はまだ雪も積もっている。これが完全に溶けるのは真夏の8月くらいだろうか。

pass
湖なんか凍ってるし。

ま、この辺は去年も描いたし、割愛しよう。(手抜き?)

今年が去年と違うのは、同居人の両親も参加し、うちのチビと同居人の御姉ちゃん家族のところの一番下の坊主2人も参加したこと。

rv
御姉ちゃんとこ家族や同居人のいとこ家族や、
義兄ちゃんの仕事仲間ののRVやらで、いわゆる
コミュニティができる。

rv2
子供用の2輪にまたがる同居人。
身のほど知れぇ。
横から本人が一言「バイクが小さいんでない、
俺がでかいんや。」(くだらん)


バイクやギアは御姉ちゃんところや今年奮発した両親のを借りるのがあっしら。そのうち、うちらも金持ちになって欲しいもんだ。

dad son
さっそく四輪バギー(ATVもしくは、クゥアッドというのが一般的)に挑戦。
チビは初めてだがなかなか・・
怖いもん知らずは父親ゆずりか。

mama
同居人のママ。あっしの母とおそらく
3,4歳くらいしか変わらないんだが、
気が若いっつうか・・。

この写真は、15歳の孫娘のあとをついていって、小山を超えきれず、後ろにぶこっろんだあとの生還した図・・・。 あまりにびっくりしたのか、楽しかったのか、恥ずかしかったのか、泣き笑いしながら状況を語ってくれた。


red
御姉ちゃんところの愛犬、レッド。 
砂嵐にゃ、さすがに彼も参った様子。

ほんまに、砂だらけになって一日の終わりにゃ、髪の毛もがしゃがしゃ、目も痛いし、口にも入ってざらざらしてるし・・・、でもバイクでとことんまで汚くなってみるのもあんまり経験できないことっすかね。

キャンプって、ぼーっとしたり、おしゃべりしたり、食事の用意して食べるしかやることないんだけど、これがバケーションってもんか。 みんなキャンプファイヤーの周りでうーろうろ。

そんなファイヤーを囲んでしゃべってる大人をよそに、緑の一番小さい50ccバギーに乗ってぶいぶい初乗りをエンジョイしていたチビに大人がヒヤッとさせられるのであった・・。

続きはまた明日(たぶん)。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

管理する女・甘えたい男 

まだ引越しで家がひっくり返っているので、PCもつながってないが、仕事場で、ちょっと仕事がひと段落ついたので、こんなことをしている。

砂漠へのバケーションリポートは、写真とアップしたいので、あとにしておいて、そのバケーションと引越しが重なった、この2週間を振り返ってみる。


以前、 「男は2つ以上のことを同時にできない。」というテーマ?で話をしたことがあるけど、あっしはパニックになることはたまにあれど、冷静に立ち回れば、なんとかこなせるほうだと思う。(たまーに抜けてることもありますがね)

今回バケーション旅行と引越し準備、そして同居人の転職が重なって、はて、いったいどうなることやら・・・と思っていたが、なんとかメモをしまくり、整理整頓しながら峠は越えたかな。

木曜日から日曜日まで砂漠にでかけ、帰ってきて火曜日に引越しだったので、ほとんどの荷物はバケーション前に梱包。 また、ローカル電話の切り替え、郵便物の転送、レンタルトラックの予約、引越し先のケーブルTVの設置予約、携帯電話のアップグレード&同居人とあっしの携帯電話手配、出て行くアパート大家へ連絡と、家賃の交渉、引越し先の管理マネジャーへ書類依頼なーどなど。 バケーション前に全部手配したですよ。


同居人がほんとうなら、来月1日で転職するはずだったが、有給が2週間ほど残っているので、もう辞職願いを出したその日に退職が受領され、今まで持っていた携帯が会社からの支給だったため、次の仕事にもかなり使う携帯を用意しなくてはならなかったのが、予定外だった。

バケーションにでかける前に、ぎりぎり届いた携帯をアクティベート(って日本語でなんていうのだ?)しようとしたが、ちっともされず、プロバイダーに砂漠で、あっしの古いほうの電話から連絡してもうまくいかず・・、それだけがうまく運ばなかったことかな。 


同居人は?というと、ええ、男だから、一度にいろんなことやれとは言えない。 あっしがバケーションと引越し日以外、仕事が休めない一方、退職してほとんど家にいる奴に、仕事場から指示。

「キッチンのよく使うものは最後に梱包して。」
「あっしの服もよけたものは梱包してよし。」
「チビの母親に余分にチビの服をバッグに入れてって連絡しときな。」
「義兄に電話したか?余分にヘルメットもってってって?」
「義父に電話したか?キャンプにもって行く食べ物は?寝袋はあるのか?」

うんたらかんたら・・・。


一足先に砂漠へRVで行った同居人の両親を翌日追っかけるように、同居人ママのジープ(四駆)を借りて走ったあっし、同居人&チビだが、ワシントンの砂漠のころころ変わる天候で、ジープはドロドロに汚なくなった。

前も借りたときに、同居人のお尻をたたいて、洗って返したあっしら。 今度も帰ってきた日に帰さないと、ママの出勤に困るから・・とカーウォシュで洗いに行こうとお尻をたたくと、

「両親ちに行って洗う。」

などと、ふざけたことを言う。 借りておいて、借りた本人の家の水道代と場所を使って洗うなどとなんつうことを言うのだ! 半分あきれて物を言うあっし、

「本人のうちに行って、洗って、ママのことだから、『あら、もういいわよ。』って言うに決まってるでしょーが!だぁほが!」
(だぁほが!とは実際言わなかったが、言いたかった。)

アパートの近くでしゃかしゃか泥を洗い落とし、車で50分弱の両親のうちへ向かった途中で、つくづく思った。

ほかの男性は知らないが、奴は、「2つのことを同時にできない。」上に、「ママの好意にとことんまで甘える」んだと、ため息ついた。 


だから、あっしがいつも「あれやんな、これやんな」と指示せなあかんのか。 そんなbossy(ボスしたがる)女にはなりたくないんだが、これがママ曰く、

「あの子は女に育てられたから、管理したがる女に世話してもらうのは、なんとも思わないのよ。」

んー? だいたい女性に育てられるのが普通の家庭の形じゃないのかな?

「ノー、普通両親が居るところなら、男の子にはロールモデル(見本)となる男性の姿が必要だけど、私が今の夫に出会うまで、あの子にはいなかったからね。」


なるほど・・・。 あっしがあれこれ指示し、世話を焼くのはありがたいことなのか・・。  なんか不思議。


片付くまで、そのあとも同居人のお尻たたきが続くのだろうな、やっぱ。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

引越し前の一休み 

引越しは明日だけども荷物の梱包やらでひと息ついたので、少しだけアップすることにした。

先週末に3泊4日で出かけた砂漠へのバケーションは結構楽しかった。いろいろあったけれども、それも過ぎたら、結構旅の話の種。 ぼーちぼち日記に記していこう。

去年もここのブログでアップした砂漠への「4輪バギー(Quadといいます)に乗ろう!キャンプ」(タイトルつけてみた)だが、去年と違って、今年は同居人の両親も参加。 去年は同居人の御姉ちゃん一家の持っている1台のみのバギーだったが、同居人のママが400ccのバギーを2台と子供用の90ccを1台まで買って、運転レッスンを事前に受けてまで参加したので、RVも余分に一台あり、もっとゆったりできた。

今年は御姉ちゃん一家の一番下の坊主2人と、うちのチビも参加。おもちゃじゃない、乗り物に乗れると、こやつも大はしゃぎ。 でも、初めてで、やんちゃ坊主で、親や周りの大人の言うことが耳に入らないくらい、自我が強いので、最初は心配してのだが、なんとか乗りこなせていた。

一瞬ヒヤッととしたアクシデントもあったが、それで何か学んだだろうと、常に子供達に目を配っていた周りの大人がみんなそう言っていた。 そんな家族一同のおかげで大事には至らなかった。 

同居人もぶっ転んだりしたみたいだが、かすり傷程度で、あとは大きな筋肉痛・・。 あっしはというと、両膝の内側にあざができてしまい、あとは軽い筋肉痛。 毎日腹筋、腕立て伏せ、シャドウ・キック・ボクシングしたおかげか、たいしたことなかった。

両膝のあざは、昔ストリートバイク(自動二輪250cc)を乗っていたせいで、そのときの乗りかたが身についてしまっている。 本来4輪バギーでは、ニーグリップはやらない。 がたがたの道のない道や広場を走るのに、そんなことで乗り切るんでなくて、ハンドルをしっかり握って、体重移動が基本。 そのおかげで、わき腹と腰あたりがえらく疲れる。 

まー、そんなうんちくはおいといて、こんなキャンプをしてて思ったのが、世の中いろんな趣味やライフスタイルを持つ人がいるが、あっしは、きれいなブランド服を着て、BMWに乗り回す彼氏とおしゃれなバーへお酒を飲みにいったり・・・なんて、生活より、同居人みたいなワイルドな奴とワイルドな家族とで、砂漠や山、川にキャンプに行って、バイクをぶいぶい乗り回すほうがあってるなぁ・・・なんてふと考えていた。


でも、さすがに4日目、砂だらけの頭と身体にみんな、「は、早く帰って熱いシャワー浴びたい・・。」とうなっていた。 でも、きれい好きで通っているあっしも、4日目、結構麻痺して、多少、砂のついた指でもチップをつかんで食ってた。 

昔ばあちゃんが言ってたっけ、「三日乞食やると、やめられない。」って。 すこーしだけわかったような気がする。



なんか、序章みたいな記事になったが、写真と細かい日記はまた今週末あたりにでも・・・。 

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。