すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

アメリカンニッポン 

昨日の同居人の疑問。

「なんで、日本人は日本メーカーの商品をわざわざこっち、アメリカで買って日本へ送るんや?」

あっしの仕事は日本のお客さんの注文で、こっちで商品を買って日本へ輸出すること。 輸出品は工具やら家庭用品やら内容はさまざま。 その商品を見て、うちの会社の取引先の倉庫会社で働いている同居人は、こんな不思議に思ったらしい。

その商品には、日本の大手工具メーカーの電動ドリルなんかが入っている。 アメリカのホームセンターで売っているから、もちろんアメリカ仕様に作られている。 電圧や大きさなんかアメリカンである。


そんなものを仕様の違う日本へ送るあっしらを、アメリカ以外、国を出たことなくて、政治には文句言っても母国で不自由なく過ごしている普通のアメリカ人である同居人にはどうも理解しがたいらしい。

ま、そりゃそーだ。 アメリカ仕様の電気製品なんか、日本に持っていて普通に使えば、100Vの日本ではパワーが十分に得られないし、変換機をいちいち使うのも面倒。 充電式なんか、十分に充電できずに、すぐパワーダウンするらしいのに。。


やっぱり、アメリカのものを使いたい・・・という憧れがあるんだろうか? 

あっし個人の経験から言うと、日本にいたときから、なぜかアメリカに憧れて、質が悪くて高い文房具を某輸入品扱いショップへ、わーざわざ行って買ってたが、それは憧れに過ぎなかったかもしれない。 同時に、不便なものに対する愛着でもあった。(そこまで言うかな。。) アンティークやヴィンテージを愛するみたいな感じで。


合理的な?アメリカ人、同居人にしたら、その辺がどうもわからないんだが、こういうケースを説明してやった。 

マニアだ。

アメリカのオハイオ州にある○ンダの工場から、アメリカ仕様の超でかい排気量のバイクを日本へたくさん輸出しているのを、以前働いていた会社取引の輸送業者倉庫で見て知っている。 

逆輸入っていうんやで。

同居人に説明した。 日本の本社工場でアメリカ仕様のそんなバイクを製造販売していないから、逆にオハイオ州製造のモデルを日本の交通規制にあわせて変更して日本へ送り込んでいるのは、その需要があるからだ。 結構欲しいマニアがいるというのは聞いている。 

この場合、ちゃんと○ンダが正規に逆輸入しているものだから、商社が平行輸入しているケースでない。(個人含めて、平行輸入している商社もいるかもしれない。)


お金と十分なスペースがあるなら、なんでもでっかいアメリカ商品は豪快で魅力のある人にはあるんだろう。 故障が多いのに、アメリカ車をわーざわざ買って、自分で治したりアップグレードしたり、こよなく愛している人もいる。 

できの悪い子供はよりかわいい? てかな。


アメリカ人が今度逆に、マニアックで、なんでも小型の日本商品が好きな人だっているでないか。 

某大手ビデオゲームメーカーが人気ゲームソフトを販売開始したとき、いち早く日本で発売となった前日には、東京の秋葉原?あたりにアメリカからわざわざそのために飛んでいった人もいたのをTVで見た。


どれだけ物に愛情をそそぐか・・・かな。 そんなものに執着がない同居人はその辺理解することはあんまりないかもしれない。 いくらT○MAのドラムが好きでも、そのために日本には飛んでかないな。

輸入してでも欲しいって、こだわるってもあるかい?
スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。