すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

見た目判断の限度 

ハーレム通信のアキツさんの記事にTBっす。

アキツさんの旦那さんがハーレムの道をただあるいていただけで警官に呼び止められたのは、そのときの格好がまずかったんでないのか・・・などなど、「見た目というのが結構、人が何かを判断する上で、大切なのだ」と書かれているのを読んで、思い出したことがある。


何年か前に、シアトル郊外のモールで、坊主頭にバンダナ巻いた若い白人女性がショッピングしようとうろうろしていたら、モールを追い出された・・というニュースを見た。モールのセキュリティが彼女のいでたちを見て、ギャングだと思ったらしいのだ。

でも、彼女の坊主頭にバンダナはギャングでもなんでもなくて、癌治療のためのキーモセラピー(投薬ですな)の副作用のために、髪が抜け落ちたので、バンダナで隠していたのだ。


このニュースを見て、あっしはタダ単に、そのセキュリティも見た目判断はいかんよとは思わなかったし、彼女もお気の毒に・・とも思わなかった。 どちらの気持ちも解らないでもないし、あっしがセキュリティだったら、まさか格好だけで、「彼女はギャングに違いない!!」とは早合点しなかっただろうけど、彼女も格好だけじゃなくて、ギャングとまではいかなくても、なにか誤解を与えるような行動をしたのでは・・・?とも思う。


大体、アメリカ人って病気でも怪我しててもアクティブに外でいろんなことをするから、まさか癌患者がカツラでなくて、坊主のままバンダナだけでショッピングに来るとは、そのセキュリティが思わなかったのかもしれない。 実際アクティブな癌患者が多いのは結構テレビを見てるだけでも周知のことだと思うんだが、たまたまだったのかもしれない。 どっちも仕方ないね・・という気がする。

その彼女も癌を克服するために、普通にショッピングして、普通に生活したかったのだろうし、それでもって、坊主で人にじろじろ見られても気にせずモールに行きたかったのだったら、そういう不運なことにぶちあたってもひとつの試練・・・じゃないのかな。


人が見た目で判断することなんて、批判や評価じゃなければ、そうそうコントロールは難しい。 単に、ちょっと服装が汚い人と街ですれ違ったときに、身体が自然とよけてしまうような生理的現象だったら、もっと難しいだろうな。


就職面接のときに、良い印象を与えるため、スーツなど適当な格好をすることは通常人に重視されることと思うが、中にはこぎれいな格好をしていれば、そんな服装で中身まで判断されたくないとお決まりのスーツを着てこない人もいる。

これって、今でこそ、ある意味必要だと思う。だって、人が判断すること、評価することは自分でなかなかコントロールできないし、そんな服装でビジネスがぽしゃってしまったら、自分だけの勝手な判断で、大損をするのだから。


あっしはというと、こう思う今TPOにあわせて服装や化粧を変えてますよ。 人生どう転んでもやり直しが効くような歳でなくなって来ましたから。。(まだ、実は大丈夫とか、失敗程度によっては思ってますが)

そんなあっしが若者だったころ・・・、一番最初の日本での面接の服装はというと、前述の後者のほうでした。 流行のリクルートスーツなんぞ買わずに、家にあった適当な白いシャツと父親の細いネクタイに、なんとかグレーのタイトスカートなんて着て面接行きました。 結果?んー、3社目くらいが採用だったような気がする。


スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

シュガーの切れ目 

ブログ記事を夜10時半ごろに打っていたときのこと。

ガツっ

鈍いすごい音がした。 

あっしの後ろで、ソファーに座って今までXboxをやっていた同居人がいつのまにかうとうとして、ソファの後ろにある窓の桟で後頭部を打ち付けたのだ。

またかいな。

同居人はしょっちゅう、夜遅くなってくると、ソファですぐうとうとし始め、しまいにはソファーでぐーすか寝てしまう。 TV観ながら、映画観ながらなんていつものこと。 どんなにうるさくTVが鳴っていてもがーがーやっている。(この辺、音に敏感なあっしはまずできない芸当だ。)

これをアメリカでよく、Running out of sugarシュガー(糖分)の切れ目といっている。 あんまり日本にいたときに聞かなかった表現だ。 実際、エネルギーが切れるからなんだろうけど、いうエネルギーは炭水化物じゃないのかな、なんて思うが、突然のパワー切れはどっちかというと糖分らしい。

よく、子供が疲れたりして、ぎゃーぎゃー泣き叫ぶときには、Sugar Breakdown(糖分の決壊?)てな言い方もする。 このあたり、栄養学でも勉強してみれば、もっとわかることなんだろうが、ちょっとネットで検索してみる限りでは、これといった理由や説明がすぐに見つからなかった。

この「糖分が壊れた」ときの子供の症状は、あんまり日本人で見たり聞いたりしたことないのだが、アメリカ人の子供には結構普通らしい。 同居人やもっと年上の人間でも子供のころ、そんな経験があったという。 

白人と日本人(もしくはアジア人)では、身体のシステムが違うのだろうか。 ただ、単にあっしが日本人で見たことないだけ?


なんか答えがでないのが、気持ち悪いんだが、ま、そのうちそれについての記事やリポートがTVでもあれば、探してみよう。

それまで、がつがつ頭を打ち続ける同居人を尻目に、「なんで、そんなに早くエネルギーを消耗するんだろう。消耗したら寝ちゃうんだろう。」と冷ややか目でみるしかないな。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。