すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

忘れられない道端の面々・バート編 

bart
バス停で待っているセサミストリートのバートみたいなパンク兄ちゃんがいた。

今日のはちょっとつまんないぞ。ただバートみたいなお兄ちゃん書いてみたかっただけ。


スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

子供が欲しい関心とスキンシップ 

これって書いていいもんか、ちょっと考えたんだが、なんでだろうと頭から離れないので、書いちゃおう。

週末にアパート探しのため、チビを母親のところから、同居人の両親のところへ落としたあっしと同居人だったが、あっしらが出ている間、両親はチビを連れて、最近買ったという、なんとチビ用の4輪バギーのためのヘルメットとプロテクター、手袋、ブーツなどなどを買いに行くことになっていた。

あっしらが一通り走りまわって両親のうちに帰ってきて、同居人がチビの様子を見にいって、ため息をつくではないか・・。

パンツに・・・おもいっきり大きいのやってた。。

あっちゃ~

あっしだけでなく、同居人のママもそんなリアクションだった。

本人の名誉?のために、細かいことは書きませんが(書いとるがな!)、男の子に多いかと思う、ちょっと茶色っぽいものがオ○ラついでにでるのと違い、思いっきり、ブツだった様子。

このちょこっと茶色っぽい水分をこっちでは、マンキー・バット(Monkey Butt)といいますが、そんなのは、チビが4歳くらいのときに知り合って、ちょこちょこあったのだ。

でも、もうチビも6歳!今年の秋には7歳!これは、単なるお○らしとは違うんでないかと、ちょっと不安になり、同居人のママに、ど、どうしたんだろ~?なんかのトラウマ?と言ってしまった。

ママもびっくりした様子。 「たまに子供が何かに怒っていて、お○らししちゃうとかあるけど・・・。」

あっしもペットでそういうのは経験したことある。前のアメリカ人ルームメイトの猫がそうだった。家になかなかいなくて外出が多い彼女に怒って、家猫で外に出ない♂猫が、床のあちこちにウ○チしてしまう・・・ということがあった。

しかし、人間でそんなの聞いた事がなかった。 細かい話し聞けば、チビの母親のところでは、チビを育てる上で、母親のほうになかなか小さな問題があるらしい。 他のアメリカ人の子供に例外でない、親からの関心が欲しい、注意を引きたいという気持ちがチビにもかなり大きい。 だが、そんないつも「お母さん見て見て!」攻撃に母親の彼女がうまく対応できていないらしいのだ。

その辺、あっしもある意味彼女を責めるより、同情してしまう。 いつも親の注意を引きたい子供の忙しさに彼女も仕事をしながら疲れてしまって、一緒に住んでいながら、すこし距離を置いてしまいすぎたのかもしれない。 

その結果、こんなことになってしまい。結局、ただ子供のチビとしては、父親の同居人に思いっきり叱られる羽目に・・・。


あっしはたまに考えるのが、子供に関心を払うことは大切なのだが、かといってかかりっきりには親もなれない。 では、この子供への関心を払うことと、自分で親なしに何かをさせること(独立心を養う?)の境界線はどこなんだろう?

また、日本にいたとき、「日本の子供がこの親からの関心が不足しすぎているから問題を起こす。」とか、「子供が注意を引きたがりすぎてしんどい。」などという親のため息というのは、あんまりアメリカにいるほど聞いた事がなかったのだが、昔少なかっただけで、今は多いのだろうか?

家の周りに自然がいっぱいあって、その中で近所にいたたくさんの子供達と一緒に遊んだあっしが子供と違って、家にこもりがちな危険な現代。 子供が関心を払う先は親しかいないのか。 


チビと母親の問題が何度も同居人とママのところで話しをされて、つい数週間前には、母親がカウンセリングにも行ったりしたという。 チビのでなくて、彼女のだ。 誰の言葉にも耳を貸さないので、彼女も第三者に聞いたほうが良かったのだろう。 ひとつ解ったことは、

家でTVを見ていても、彼女はチビをすぐ自分のすぐそばに座らせて、ということは絶対しなかったらしい。 自分がソファに座っていたら、チビはカーペット床に座らせていたという。

同居人に言わせれば、なんで一緒に座らないんや?である。

同居人とチビはいつも一緒にぴーったりくっついてソファに座って一緒にDVDやら観ている。 チビが来る日はあっしは一人でソファの横の椅子に座るのである。 父と子のスキンシップが必要なのだ。

このスキンシップ(というのはジャングリッシュだが)は、日本人に比べてアメリカ人はかなりな量で必要らしい。 子供に限らず、男女や親子でもかなり多いし、それがないと愛情がないとみなされる。

実際、夫婦でもこのスキンシップが減った中年アメリカ人夫と日本人妻の間で、離婚問題がよくあるらしい。 歳を取ると、セ○クス(もろに書くとへんなTBがあるもんで・・・)が減るのは普通だと日本人感覚の妻がスキンシップを拒み、夫から離婚を申し渡されるというケースがソーシャルワーカーによく持ち込まれる。


最近のチビと母親のケースをみて、親子の間でも、カップルの間でも「愛してる。」という言葉がかかせないくらい必要なことなのだ・・と実例を目の当たりにして経験してしまったあっしだった。 

だいぶスキンシップに慣れたあっしだが、たまに同居人と4歳年上の実姉ちゃんがマウス・ツー・マウスでキスしているのを最初見た時は、4歳だったチビが同居人とキスしているのを見た時よりたまげた。

ほんまに、アメリカ人の愛情表現はスキンシップなのだ・・・・と。


母親が子供、特に男の子供に与える影響はかなり大きい。下手すると、愛情を受けられないと感じた子供は、成長してから犯罪者にもなりかねない。(以前男の子の成長期に父親が必要と書いたこととは今度逆ですがね) 

この週末に母親のところへ迎えにいったときも、母親はチビをチビのいとこと遊ばせて、掃除やらに専念していたようだが、同居人曰く、なかなか家を出たがらなかったらしい。 チビのいとこが母親と楽しく遊ぶんでないかと不安になったのだ。

思えば、ここからこの日のお○らしにつながっていくのだな・・・でも、どうせなら、母親のところでやればよかったのに・・とちょっと考えながら、それでは母親が怒って終わりか。 しかし、複雑な男の子の心よのぉ。 

頼むから、チビの母親。子育てにチビが6歳でギブアップしないで欲しいと願うあっしであった。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。