すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ダートレース観戦とRVキャンプ・その2 

続きの写真です。

前日にそんなに広くない敷地内をうろうろして、中央にあるクラブハウスになんか情報はないか・・とお義父さんと見て回ったら、掲示板に朝ごはん2ドル50セントとある。 しかも、All you can eat (食べ放題)。 

ほんま?

↓これが私の選んだ朝ごはん。 フレンチトーストとソーセージのセット。
breakfast
これで十分でしたねぇ。 コーヒーやオレンジジュースもお代わりおっけー。 

昼間というか食事の合間はあまりやることないのがキャンプのいいとこ。

日ごろ家にいたら、あくせく家事したり、お稽古行ったり、なにかと休まらないので、何もせずに、ただ涼んで本を読む・・・のが気持ちよかった。

私がそこそこの暑さで疲れて、RVの外の椅子でうとうとしてる間、同居人とチビとお義母さんは敷地内のプールにつかってきたようです。

私も一応水着は用意したけど、プールがせいぜい20メートルあるかないかの小さなもので、結構子供やら人が出たり入ったりしてたので、なんかちょっと気が乗らなくて、昼寝してました。

で、夕方からレースを見にでかけました。
race

この街はちょっと海側に近いので、シアトルやその近郊都市のように湾の内陸側に位置しているのと違って、寒い海流の影響を受けて、気温はシアトルより低めです。 なので、夜はまた冷えるだろうとスウェットとジーンズのパンツなどあれこれ持って行きました。

race2


やっぱり、ちょっと寒かったけど、レースはまあまあおもしろかったです。 途中棄権もあり、一台はもう少しで炎上ってとこまで行きましたが、最近のレースカーはしっかりと自動消火装置がついているらしく、すぐに消化されました。  そこで同居人、

「せっかく、炎上で盛り上がるかと思ったのに、消化装置がその楽しみをすぐに消してしまったな・・。」

奴が言いそうなことよの。

でも、私も一瞬だけそう思ったのは、奴に影響されすぎか。


race 3
これはmodified(モディファイド=仕様変更)のレースカーで、かなりいじくってあるのでさすがスピードあります。

race 4
出た、トラックレース。 やっぱり重いからか、スピードは遅れます。

race 5
新しいビデオカメラでの撮影に必死なお義父さん・・・。


このレースは結局夜遅くまでやってたようですが、暗くなりかけてチビが疲れてへとへとになってきたので(昼間プールで遊んでたし)、早寝のお義父さんもさっさと退散したそうだったので、唯一ビールで観戦でご満悦の同居人以外、帰って休む方向で同意。 

結局同居人もそれでよかったみたいですが、たぶん連れが両親と息子でなかったら、最後近くまで観てたかもしれません。

今回このレース観戦がほぼ目的だったんですけど、私は木陰でうとうと昼寝が一番リラックスできてよかったです。

こじんまりしたRVパークには大きな観光バス並のRVも泊まってて、アメリカは道も土地もゆったりしてるから、こういう大きな娯楽車も持ちやすいんだろうな~、なんて改めて感心してみてました。

大体はもう引退間じかの余裕のあるご夫婦が所有してることが多いですが、十分経済的に余裕ある若い夫婦も所有してることもあります。  若い夫婦の場合、バイクを積んだりして、キャンプ以外に目的もあるのですが。

去年は両親とシアトルより東の砂漠地帯へ4輪バギーを積んで、キャンプに行きました。 両親が数年前に大人用のバギー2台と子供用の1台を購入したので、息子である同居人と義理の娘の私、同居人の息子チビは思いっきり便乗バケーションさせていただきました。

今年はバギーキャンプはないかなぁ・・・。 あまり砂漠には行きたくないけど(砂嵐がすごいんで)、今回のElmaキャンプですぐ近くにバギーを森林の中で乗るコースをチェックしたので、今度はここかな。 近いし、入場料のほうが砂漠へでかけるガソリン代より安いかもしれない。

夏が終わる前に・・・、どうでしょ? ご両親殿。

スポンサーサイト

テーマ: キャンプ

ジャンル: 旅行

△page top

ダートレース観戦とRVキャンプ・その1 

ワシントン州の片田舎にダートカーレース見に行ってきました。 ついでに同居人の両親のRV(リクリエーショナル・ヴィークル)でキャンプもしてきました。

テント張って・・・というキャンプでなく、RVパークに場所を借りて停めて・・というキャンプなので、パークのクラブハウスにトイレはあるわ、シャワーはあるわ、朝ごはんに晩御飯が安く食えるわ・・で、あまり汚くならないキャンプでした。

rv
これが義両親のRV。 運転席の上に寝るだけのスペースがあって、そこで同居人と寝袋で寝ました。

rv2
RV入り口入って右側の運転席。 手前に椅子。 左手にテーブルとベンチ。 上のカーテン奥が寝たところ。

chibi
テーブルとベンチでポーズするチビ。 後ろは冷蔵庫とキャビネット。

rv3
冷蔵庫の奥はシャワー、でもほとんど使わない。 車に保管できる水の量にも制限があるし、シャワーしたくなるほど長いキャンプに行くことがほとんどないから・・。 

その奥が両親のベッドルーム。 シャワーの通路はさんで左側がトイレ、洗面。 撮るの忘れた。

rv4
冷蔵庫の通路はさんで左側にキッチン。 流しとキャビネット、クッキングストーブにオーブン、電子レンジ。 

rv5
テーブルとベンチにてくつろぐチビと義母。 このテーブルをはずして、ベンチのクッションはずして、またはめて・・・とすると、チビのベッドになる。

rv6
RVの外のピクニックテーブルで晩御飯。 ホットドッグ、煮豆、ポテトチップスで簡単に・・。 前回野菜とフルーツに飢えたので、今回私はミックスフルーツ持って行きました。 

私のふとーい二の腕をご披露しまっせ。 若いころニーハン(250CC自動二輪)に乗って腕を太らし、仲間(特に♂ども)にコケにされ、アメリカに来て合気道やり始めたら、また太くなってきた・・・。 でも、アメリカ人女性の腕のほうが太いので、私なんか小さく見えて、見えて。 (まじ)


写真が多くなって、重そうなので、続きはまた次回に・・・。


もー、また熱帯夜で眠れるかなぁ。 ああ、日付が変わってしまった。 寝なければ・・・。 

では、おやすみ。



テーマ: キャンプ

ジャンル: 旅行

△page top

結婚記念日のお化け 

二日目は、朝からお酒を飲むのもなんなので、車を出してすぐ近くの全米でも指折りの大きさというコロンビア川に沿ってドライブしました。 I-84の高速に沿って、雄大な川が流れてます。 これがこのロッジのあるあたりでだいぶ下流ですが、上流はカナダのほうまで続きます。 この川に関する歴史もかなり古いようです。

gorge
滝があり、山があり、天気もよくドライブに最高でした。 

ようやくお昼もすぎて、屋外にテーブルを置くレストランで軽く食事・・・。そこでまたビール。
私はあんまりたくさんお酒を一度に飲めないので、アイスティー。 あとで、そこでまた作っているアップルサイダーを試してみればよかったと、後悔。

日が沈むころまでまたあちこち敷地内を歩いて、ビールと醸造しているウィスキーも飲み・・まあ、のん兵衛のディズニーランドとか言う人もいて、酒豪の同居人には天国だったようです。 

また、地下のプールバーへ行って、ビリヤード。 それから、部屋で寝るのが心地悪いなと言いながら、お化けがでるかも・・というワインセラーへ行きました。 興味まるだし。

そのお化けマップサイトによると、その建物の地下にあるワインセラーとその上の階が結構いろんなことがあるとか。 行ってみたのは日没後の9時ごろ。 

結構すでに人がいて、バーで試飲を楽しんでいました。 セラーの端っこではカントリー音楽を演奏している二人を何人かの人が見ています。

セラーに入ってすぐ、私は音楽がある方向とは別のトイレに行きました。

入ると、女性二人が出て行くところでした。 なんか、不気味な感じがするような気もするので、一人が嫌で、さっさと用を済ませて出て行きました。

同居人はワイン派でないので、先に買っていたビールを片手に私がワインの試飲オーダーする間、音楽のあるあたりをうろうろ・・・。

ディナーを食べておなかいっぱいだったので、あまりワインも入らず、さっさと試飲を済ませて出ることにしました。

建物を出たところで、私が「あんまり何も感じなかったけど、やっぱり出るのかねぇ?」と言うと、同居人がぽつっと口を開きました。

「お前がトイレから出てくる直前に、試飲バーの方向を見ながら立っていたら、誰か俺のすぐ横にすすっと寄ってきたと思ったんだよな。 白っぽ衣服来た誰か。 でも、お前が出てきたときに完全にそちらに振り向いたら、誰もいなかったんで、かなり意外だったんだなぁ。 あれ??ってな感じで。」

同居人はちなみに私より敏感です。 「誰かいたのかもしれないね・・。」と、私は興味深々で話を聞いておりました。 どうも怖がりな私は何にも感じなくて、怖がるのが大好きでホラー映画も大好きな同居人は多少の不思議な出来事には動じません。


それから、また前日に行って二人とも気に入った浸かる温水プールに行きました。 いや~、腹いっぱいの食べ物も消化してくれそうで、気持ちいいったら。 

写真を載せようかと思ったけど、最近ぶくぶくしてきた二人の水着姿しかなかったもんで、やめます。 ははは。

hallway
代わりに廊下で絵画を見る同居人のぼけ写真を・・・。


プールから戻って、さっさとプールの水をシャワーで落として寝ることに・・・。 先日の寝不足があったので、今日は寝れるだろうと思ったのですが、またどうも目がぱっちりで眠れない。 先に寝息を立て始めた同居人を横にランプをつけたままで、しばらく本を読んでました。

でも、だいぶ眠くなってきたので、寝ることに・・。 ベッドとは反対側の窓側にある一番暗いソファ横のランプをつけたままにしようか・・と思ったんです。 なんか暗いのがどうも今日は嫌。 いつもは明るいと眠れないのに。

でも、やっぱりやめとこう、と消して寝ることに。。

昼間に車の中にあった耳栓(同居人の仕事場で使うやつ)を取ってきて、夜うるさい音を遮断して寝るべしと使ってみたんですが、耳栓通してでも聞こえるいろんな音。 それは人がおきてるだろう夜中の12時から1時ごろまで。 バーも1時で閉まるので、それ以降はだいぶ静かになったようす。


ちょっとうとうとしたんですが、またどうしても汗だけかいて寝られない。 もう、寝苦しいったら・・。家だったら寝られないと、ちょっとほかの部屋で電気つけて・・・ってするんですが、ホテルの一部屋だから、同居人を起こすし、そういうわけにいかない。

もう、また朝近くまで目を閉じて、寝ぐるしい思いするのか・・と何度もため息。

そのうち朝方に寝たらしいです。 気がついたら、カーテンの隙間からこぼれ日が見えました。

なんかすごくホッとしました。

朝に起きながら、同居人にまた眠れなかったことをこぼしました。 「もうまた身体が熱くて、汗かいて、部屋はひんやりしてきたのに、寝苦しくて眠れなかったよ・・。」 すると、

「朝3時半くらいにさ、バスルームのドアからベッドの横を通って、部屋のドアへ向かっていくように、誰かが床をカツン、カツン靴底の音をさせて歩く音がするんで、目を開けたんだけど、誰もいなかったんだよ。 あの医者とかが履くかかとのある靴底の音だよ。 靴底と足のつま先と2回音がするの。」

がーん、やっぱりなんかいたんだ・・・。

プロフェッサーでしょうか?

あんなに眠れなかった私は、その出来事中はうまいぐあいに?寝ていたそうです。 

私の不思議体験はほとんどなく、冷気を感じたのに汗かいて眠れなかったことだけ・・・。 でも、実際そういう体験は寝ているときに感じたくないです。 無防備ですから。 おきているときにしてほしい・・・。


帰って来て、再度お化けマップサイトを見直しましたが、ワインセラーのことしか書いてませんが、ひとつ読みもらしていたことがありました。

"It is said to have strong activity above the wine cellars (which was once morgue) and in the cellars themselves..."
(ワインセラー(かつて一度は死体安置所であった)の上で、またそのセラーの中では強い現象が起こると言われている。)

そこでワイン飲んじゃった。



テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

結婚記念日のお化け 

9月1日に結婚一周年記念迎えました。

一年というのは早いもんですな。 周囲にも驚かれましたよ。 もうそんなになるのかって。

いつも貧乏暮らし?している私たちに記念日くらいバケーションもかねて旅行行きたい・・・と、二泊三日ですが、オレゴン州のほうに旅行行ってきました。

たまたま数ヶ月前に、いつもの同居人の音楽仲間とシアトル市内にあるパブに行きまして、そこがオレゴン州を拠点として、50箇所近くに展開するパブ、ビール醸造所、ワイナリーのグループ店、マックメナミンズのひとつということを知りました。 

そのパンフレットを持ち帰って早速、友人の両親たちも行ったという、オレゴン州ポートランド市から東に15キロほど行ったところののんびりした街にあるエッジフィールド・ロッジに予約を取りました。

このロッジはグループの中でも一番いろんなアメニティがそろってて、醸造所、ワイナリー&試飲バー、レストラン、屋外コンサートステージ、スパ、温水浸かるプール、プールバー(ビリヤード)などなど・・。

ほかのロッジもそうですが、ここも古い建物を改造作られたとこで、100年前後の歴史があります。 最初は貧しい?農場の敷地と建物で、その後ナーシングホーム(ただの老人ホームでなくて、医療的介護もする施設)だったそうな。

古い建物+お年寄りのナーシングホーム??

なんか出てくるんじゃないんかね?

building
建物の東側と同居人の後姿


子供のころから怖がりでホラー映画も見ない私ですが、アメリカのTV番組で科学的にお化けをおっかける「ゴースト・ハンターズ」という番組が妙に好きです。 お化けの声を録音したり、ビデオや寒暖イメージカメラで姿を録画してみたり・・・という東海岸のお化け調査グループのドキュメンタリーなんです。

そんあグループは実は全国的にあるんですが、その番組の影響か、私も自分で見てみたいと思うようになり、今回のロッジはうってつけの場所のようでした。

で、ネットでそのロッジにお化けのうわさがあるか、調べてみました。

building2
建物の西側とまた同居人の一部


ありました、やっぱり。

いくつかあった全米各地のお化けスポットサイトには、「ワインセラーとその上の階にていろんなことが起こる」とあります。 ワインは好きだし、試飲しに行くついでにチェックしてみようと楽しみにしました。

まずはやぱり、到着時は自分達の部屋へ・・。

このロッジはもと病院みたいなナーシングホームだっただけに、各部屋の天井は高く、ドアは車椅子が入るくらいに広く・・、すべての部屋にプライベートのバスルームがついているわけでありません。 ほとんどの部屋は各階にある男性、女性バスルームを共同で使います。 日本の旅館みたいなもんですな。

そして古い木造建物の臭いに、部屋や建物の壁、天井だけでなく、むき出しになった給水管までいろんなアートがほどこされています。 ちょっとまた変わった絵があちこちに。

私たちはどうもホテル側がバスルームをしょっちゅうきれいにしているとも思えず、プライベートバスのあるキング・スイートなんか予約してしまいました。 ですが、そのバスルームのドアがベッドで私が寝る側、向かって右側の横にあるんですが、なぜか・・・、最初の夜、それが嫌だったんです。


すべての部屋に番号があるんですが、同時にドアにいろんな名前がつけてあるんです。 「ドクター&ナースの部屋」とか「XXおじさんの部屋」とか・・。

で、私たちの部屋は「プロフェッサー・ジョン・マーフィの部屋」でした。

入ってみると、壁にプロフェッサー・マーフィの簡単な背景が書いてあります。 

ほんとにプロフェッサーの部屋だったんでしょうか。

room
これがその私たちの部屋。 広いんです。

古い建物のホテルにはいくつか泊まりましたし、そんなアパートも住んだこともあります。 でも、なんか最初の入れ知恵がまずかったのか、あんまり夜が楽しみではありませんでした・・。


幸いにここへの目的は、ビールやワインなどのお酒を敷地内のあちこちにある小さな小屋を改造したバーで買って、どこでも持ち歩いて飲めるという大人の楽しみです。

shed bar
ロッジの東側に植物にうもれるようにある小屋。中は小さなバーと3つくらいテーブルがある。
だれもそこで飲んでなくて、天気のいい外のピクニックテーブルで飲んでる。

shed outside


それから、浸かる温水プール。 

なんと、どこにもその小さな小屋バーがあります。 プールまでお酒を持ち込んで、まるで湯船につかりながらお酒という露天風呂みたいな感じです。

レストランの食事はまーまーで、せっかくおいしいビールとワインがあるんだから、食事をもうちっとアップグレードしてもな、と思ったんですが、まあそれはよしとし、その食べておなかいっぱいになったあとのプールに浸ることと、地下のプールバーでビリヤードをやるのがおもしろかった。


散々楽しんで部屋に帰って最初の夜。 どうも、そのベッド横のバスルームドアの方向を見て寝るのが嫌で、私は反対側に寝る同居人のほうばっかり見て寝てたので、ろくに寝返りも打てず、首が朝痛かった・・。 

オレゴンもシアトル同様、夜と朝はひんやりするので、昼間暑くても寝やすいんですが、この最初の夜興奮してか、どうも寝付けない。 うとうとすると、なんか目が覚めてくる。 でも、目を開けるのがなぜか嫌。。 

そのうち目が覚めてきて、身体が汗をかくくらいに熱くなってきて、もうどうにも寝られない。 古いビルの給水管かがカタカタと音を鳴らしたり、まだおきているほかの宿泊客が廊下を歩く音、ドアをばたんと締める音などなどでまた眠れない・・・。

次の日も部屋の温度はひんやりしてくるのに汗をかいて寝られない、という夜をすごし、私はもう寝不足でした。


続く・・・。

テーマ: 海外生活

ジャンル: 海外情報

△page top

砂漠行って来た 

2年前に引き続き、シアトルより東に数時間のところにある田舎町の砂丘へ行ってきました。

同居人の両親が四輪バギーとRV(リクリエーション・ビークル)を持っているので、砂漠でキャンプしながら、朝から夕方までバギー乗りまくってきました。今回は7月4日の独立記念日の連休だったんで、もっと人は多いかと思ったら、意外と4日の祝日だけでした。

quad
両親のRVとうちの新しいジープとバックに砂丘。

いや、天気はよかったし、ただバギーに乗る以外は本を椅子に座って読んだり、おしゃべりしたり、ただのんべんだらりと過ごす。 

RVに冷蔵庫やシャワーやトイレは完備しているが基本的に全員が使うと水が足らなくなるので、シャワーはほとんど使わない。 トイレとお皿洗うのに使うだけ。 普通にキャンプする。

やっぱり、砂丘なので、しょっちゅう風が砂を巻き上げてもう数時間で体中砂だらけ。 きれい好きだったら、それだけはたまらなく嫌だけど、たまにはそういうのもいいんでないかな・・・とほんの3日間我慢する。

汚くはなるんだけど、ぶいぶい乗り回して、ちょっと休憩しながらきれいな青空と夕日を眺める贅沢。 たまりませんな。

quad2
わたくしと夕日です。

quad3
同居人も夕日をバックに・・・。

一応両親もちょっとは乗るんですが、やっぱり年齢が年齢ですので(60前後)、そんなに激しい轍や丘なんて走りません。 丘を登りきってジャンプするのはもっぱら同居人と私です。 

quad5
同居人のジャンプ。 これでもよその若い男の子と比べて平均高。

quad6
若かりしころ、日本で250ccを乗り回してたワタクシの心ばかしのジャンプ・・・。 

今回はうちのチビすけもちょっとジャンプに挑戦しましたよ。 (見えるか?微妙なジャンプ)
quad7
ご愛嬌ってことで・・・。

昼間はいいんですが、夜はやかましいったら・・。

4日は花火やら人が砂漠へ四輪駆動車やバイクを乗り回しに来るのが夜中までになり、うるさいったら・・・。 そこでキャンプしてる私らはもう11時くらいには寝床に入ってたので、ご迷惑こうむってました。

までも、うるさいのはその日だけでしたんで、ま、よしとしよう。

quad8
夕日をおがみながら、同居人を撮る。


quad9
また行きたいっすね。


今回は写真ばっかりで。



△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。